腰の痛みの原因はさまざまですが、腰の痛みのうち原因が特定できるものはわずか15%程度といわれています。
代表的なものは、腰椎が直接障害される圧迫骨折や、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などがありますが、その他、細菌感染やがん、臓器や血管などの病気が原因となり、腰の痛みを引き起こすこともあります。

一方、残りの約85%は、レントゲンなどの検査をしても原因が特定できないといわれています。
このような腰の痛みでは、生活習慣、ストレスや不安、不眠など心の状態が影響していることもあります。また、見た目にはわからない神経の障害によって痛みが生じていることもあります。

原因が特定できる腰の痛み

腰の痛みの原因となる病気は、大きく

1)腰椎を直接障害するもの
2)腰椎を障害しないが、臓器の周囲にある神経を刺激するもの

に分けられます。

1)は腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄、背骨の骨折など、腰椎に異常が生じている病気だけでなく、骨への細菌感染やがんの骨転移といった命にかかわる危険な病気も含まれます。
したがって、たかが腰の痛みと考えず、早めに医師に相談して原因を調べることが大切です。

一方で(2)に含まれる病気として、胃潰瘍など消化器系の病気、尿路結石など泌尿器系の病気、子宮筋腫など婦人科系の病気、解離性大動脈瘤など循環器系の病気などがあります。

原因が特定できない腰の痛み

画像検査などで腰の痛みの原因がはっきりと特定できない場合は、以下のような影響が関係していることも考えられています。
また、こういった要因が複雑に合わさると、痛みが徐々に慢性化することも多くあります。

・身体的影響:長時間同じ姿勢でいる仕事、運動不足、肥満、冷え症など
・心理・社会的影響:ストレスの多い職場、家庭内不和、不安、不眠など

症状

腰の痛みの原因はさまざまであり、原因に応じて痛み方も患者さんにより少しずつ異なります。
腰の痛みで医師に相談するときには、どのように痛いか、また腰以外にどこが痛いかを伝えるようにしましょう。

・腰が重い、痛みがある
・起床時や疲れたときに腰が痛い
・腰からふくらはぎにかけて痛い、しびれる
・安静にしていると楽、逆に安静にしていても痛い

予防・軽減のために

腰の痛みの予防には、腰回りの筋肉を柔らかくしておくことが大切です。
自分が気持ちがいいと感じる体操を無理なく取り入れてみましょう。
普段から予防を心がけることが大切です。

また、整骨院を上手に活用して腰の痛みの原因になりうる要素を解消して行くと、回避しやすくなりでしょう。

・お腹のストレッチ
うつ伏せになり、手のひらを床に向けて、両腕を頭のほうに伸ばす。
腕が90度くらいになるまで両肘を曲げながら、ゆっくりと上半身を起こす。

・背中、腰のストレッチ
あおむけになり、両膝を曲げて両手で抱える。
両膝を胸に引き寄せながら、背中を丸めるようにして上半身をゆっくりと起こす。

・腰~お尻のストレッチ
あおむけになり、両膝をたてる。
頭や背中は床につけたまま、両膝を両手で抱え込む。