人間の脊柱は7個の頚椎、12個の胸椎、5個の腰椎、仙骨、尾骨でできています。正常な脊柱は、前後で見てもほぼまっすぐに見えており、側弯症では脊柱が横(側方)に曲がっていて、脊柱自体のねじれを伴っていることが多く、さらに側弯症が悪化してしまうと側弯変形によって、背部痛や腰痛、心理的ストレス、肺活量の低下などの呼吸機能障害、まれに神経障害を引き起こしてしまう可能性がありますので気をつけましょう。

側弯症の原因と症状

脊柱側弯症は、2つに分けられて構築性側弯と機能性側弯に分けられ、その原因が分かっているものから原因が不明のものまであります。

機能性側弯

疼痛、姿勢、下肢長差などが原因による一時的な側弯状態で、弯曲は軽度の場合が多くねじれまでは引き起さずに早い段階で原因を解消することで側弯を改善できます。

構築性側弯

脊椎のねじれを伴った脊柱の側方への弯曲で、元のまっすぐな正常な状態に戻らなくなった状態のことを言います。これは、いまだ原因不明の場合や原因がわかる側弯症もあります。

特発性側弯症

脊柱側弯症のおよそ8割をしめていて、原因は分かっていません。家族内で発生することが多いことから遺伝の関与が考えられていますが、その特定の遺伝子は明らかになっていません。
発生年齢により分けられていて、3歳以前に発症する乳幼児期側弯症、4〜9歳に発症する学童期側弯症、10歳以降に発症する思春期側弯症などがあり、それぞれ特徴が違います。

乳幼児側弯症には、自然治癒するものと、どんどん進行してしまうものがあります。最も多い思春期側弯症は、女性の方に多く見られて傾向も共通している部分があります。特発性側弯症は、一般的には若い年齢の方や女性で骨の成熟が未熟な例の場合は進行しやすいと考えられます。

神経原性側弯症

神経が障害されたことにより、背中や横腹の筋肉が麻痺してしまい脊柱を支える力が失われて曲がってしまったものです。

先天性側弯症

脊椎に生まれつき形に異常があり、成長期に左右の成長差が出てしまうことから側弯症に進行します。また、泌尿器系や心臓などの他の多臓器に生まれつき異常が起きている場合が少なくあります。