朝起きたら首の痛みで横を向けない…痛みのせいで後ろを向くときは体ごと…など日常生活に失笑をきたすほど寝違えの症状は辛いですよね…
寝違えとは首や肩周辺の筋肉が攣っている状態を差し。早く治るものもあれば慢性化してしまうものがあります。寝ているだけなのになぜ、筋肉が攣ってしまうのでしょうか?

「寝違えの原因」

・寝相が悪い

自分に適した環境で寝ている場合はな帰りを打つなど無意識のうちに体への負担を避けながら寝ることができます。
しかし、狭いソファーや高さ・硬さが合っていない枕を使ったなど長い時間首や肩に負担がかかった状態で寝ると筋肉や靭帯が傷つき、首や肩の痛みに繋がってしまいます。

・神経が傷ついている場合

不自然な姿勢で長時間寝てしまうと首周辺にある神経が圧迫され、起きた時に痛みが生じてしまいます。首や肩だけでなく手の痺れがある場合は、このケースであることが多いです。

・捻挫の場合

捻挫とは、関節を不自然な状態にひねることで靭帯や軟骨、腱が傷つき痛みを生じることを指しますよね。寝ている間に首を不自然な方にひねってしまうと他の関節と同じように、首を捻挫してしまいます。

・体や部屋が冷えすぎている

寝ている間に布団がかかっていなかったり、エアコンで部屋が冷えすぎていると筋肉が固まってしまい、朝起きて急に動かすと肉離れに症状が生じてしまうのです、

「寝違えになってしまった時は」

まずは無理に動かしたりせず、ゆっくりを肩を周りたり上下に動かして徐々に筋肉の緊張をほぐして行きましょう。
寝違えの重症度によっては痛みが強すぎて首や肩を動かせなくなってしまうので、悪化してしまう前に整骨院で治療を受けることもおすすめです。
重症度に合わせて治療を行なってくれるので自分での改善方法がわからない場合にも、是非治療を受けてみてくださいね。